高卒の方が公務員になりやすいといわれていますが、本当なのでしょうか? 結論からいうと本当です。 なぜなら、高卒の問題の方が簡単だからです。 公務員採用試験のレベルには「高卒程度」「大卒程度」の2種類があります。 ただ、これは高卒だから大卒程度の試験を受けられないという訳ではありません。 しかし、高卒で大卒程度の試験は受けようと思う人はいないはずです。 高卒程度の試験なら、大学入試の勉強をしていれば、それほど難しいものではありません。 もちろん、落ちてしまう人もいますが、それでも大卒程度の試験内容に比べると簡単です。 高校までは真面目に勉強していても大学に行って勉強しなくなるケースが多いです。 その結果、大卒程度の試験に合格できないという人も少なくありません。 高校生なら今の勉強を持続するだけで、試験に挑むことができます。 そのため、高卒の方が公務員になりやすいといっていいのではないでしょうか。 ただし、なりやすいだけで、絶対になれるという訳ではないので注意してください。